>  > CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L368 KING LABEL (クラブリネア L368 キングレーベル) 22インチ 9.0J PCD:115 穴数:5 inset:30 DISK TYPE:HIGH カラー:プレミアムホワイト [ホイール1本単位]/H
195/55R16 87V Goodyear グッドイヤー LS EXE LS エグゼ EuroSpeed BL10 ユーロスピード BL10 サマータイヤホイール4本セット

LABEL PCD:115 穴数:5 inset:30 CRIMSON(クリムソン) LINEA 9.0J CLUB L368 キングレーベル) TYPE:HIGH L368 カラー:プレミアムホワイト 22インチ 22インチ [ホイール1本単位]/H DISK (クラブリネア PCD:115 KING

CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L368 KING LABEL (クラブリネア L368 キングレーベル) 22インチ 9.0J PCD:115 穴数:5 inset:30 DISK TYPE:HIGH カラー:プレミアムホワイト [ホイール1本単位]/H

CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L368 KING LABEL (クラブリネア L368 キングレーベル) 22インチ ベーシック 9.0J PCD:115 ダウンサス 穴数:5 inset:30 DISK TYPE:HIGH カラー:プレミアムホワイト [ホイール1本単位]/H

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

、ラン関連グッズなど。" target="_blank">Running
  • Gyoza
  • Movie

  • スポンサーリンク
    トップ > Running > 「スクローリング」モントリオールマラソンに参加してみた

    「スクローリング」モントリオールマラソンに参加してみた

    スポンサーリンク

    スクロールでフルマラソンに挑戦?

    記事タイトルだけだと、何のことやらよくわからなかったのだけれど、その内容を読んでみて納得。

    なんと、Webコンテンツの長さが42.2kmに及んでおり、それをひたすらスクロールさせて、ゴールを目指す!というものだった。

    記事によれば、このコンテンツは…。

    モントリオールマラソンののスポンサーを務めるスポーツ用品店「Sports Experts」が、昨年制作したWebコンテンツとのこと。

    僕は、スクロールで42km!というのがどういったものになるのか、あまりイメージできなかったので、実践してみることにした。

    チャレンジ方法は、至って簡単。

    The Sports Experts Scrolling MarathonのWebサイトにアクセスすると…。

    すぐにこの画面が表示される。「CONTINUE」をクリック。 

     「GO」をクリック。

    あとは、ただ、ひたすら、スクロールをし続けるだけ!だ。僕は、iPhoneを片手に、親指を酷使して、走り(?)を進めた。

     道中では、走行距離(移動ピクセル数)、走行時間に加え、 さまざまなアドバイスや…。

    応援メッセージも表示される。

    進むごとに、画面の色が変わっていくのも、変化があって楽しい。

     1km通過!

    キロ3分、というハイペースで走って(?)は、いたものの 【ホンダ純正】 2016モデル TH-W21 エアスルーライディングパンツ 3L-4L 【0sythw21co3l4l】【HONDA】、ちょっと親指が疲れてきたので、僕は、iPhoneでのチャレンジをやめ、母艦PCに切り替えることにした。

    母艦PCならば、トラックボールでのスクロールができるため、親指スクロールよりは、楽だと思ったからだ。

    iPhoneでの記録はリセットされてしまったので RPM CBR400RR マフラー DUAL (デュアル) 左右出シ CBR400RR (90-99) RPM 2016、リスタート。最初の1kmは、iPhoneでの記録とそれほど変わらなかったが…。

     3km地点、8分56秒。

    キロ3分を切っているので、わずかながら、iPhoneよりもスピードアップできている。

    また、トラックボールをくるくる回す操作なので、親指スクロールより指が疲れない 、というのも魅力だった。

    5km通過!14分47秒。

    ペースとしてはあまり変わらない。ボールをくるくる回す操作にもちょっと飽きてきた。

    記事によると、画面左の線は標高を表しているとのことで、上り坂ではスクロールの難易度がUPするらしい。

    ということは、下り坂では少し楽になるということだろうか…?

    どのような仕組みで難易度を操作できるのか不明で、あまり実感はできなかった。

    10km地点、通過!

    通過時間は、28分18秒なので、若干スピードが上がっている。実際のマラソンと同様、呼吸が落ち着いてきた(?)ということだろうか。

    ただ…。

    トラックボール操作のおかげで、指の負担はそれほど大きくないとはいえ、それでも、やっぱりちょっと疲れたし、そもそも、少し飽きてきた。

    メッセージが出たり、画面の色は変わったりするが、操作としては、ひたすら単調だからだ。

    そして何より…これは アクセラ(09.6~)(BLEPF・BLEFW)■APPブレーキパッド(KG-1204)前後1台分セット 適合要確認■代引き不可■、平日の朝、時間のない出勤前にやるようなもんじゃない!

    ということで、僕は10kmでリタイア。実際のマラソンでは、これまでリタイアしたことがなかったので、ちょっと悔しいw

    企画としては非常に面白いと思うし、フルマラソン距離を完走したら、どんな画面になるのか気になる。

    いつか、ゆったり時間のとれる休日などあったら、またチャレンジしてみようと思う。

    {yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-55331